生酵母,生酵素,生麹の違いは?サプリ(ロッソメタバイオ)の効果も

天然酵母、酵素、麹が体に良いっていろいろ聞きますよね。
これらの効果について整理してみました。

昔から有るものなので自然に取り入れていることもありますが、積極的に取ろうとすると意外に難しかったりします。
そこで、簡単に確実に、天然酵母、酵素、麹をまとめて摂れるサプリについてもご紹介します。

酵母、酵素、麹の違いって?

酵母、酵素、麹はみんな同じようなイメージがしますよね。何が違うのかについてまずまとめてみました。

酵母

酵母
酵母は真菌(カビ)の一種です。
イースト菌とも言われます。酵母は発酵の過程で、主にブドウ糖を分解することでアルコールと二酸化炭素を発生します。
ビールは、ビール酵母によって麦汁を発酵させてアルコールを生み出すことでで作ります。
パンは、酵母(イースト)菌の働きで、2酸化炭素が発生して、ふっくらとふくらませることが出来ます。

体に酵母を取り込むことで、消化機能の補助を行い、乳酸菌などの有用菌(善玉菌)を増やすことができます。

酵素

酵素
酵素は、酵母や麹と全く異なり、生物ではなく、ミネラルを含んだたんぱく質の一種です。

化学の授業で習う酵素という言葉は、化学反応の触媒として作用する物質のことですが、人間にとって有用なものとしては、食物酵素、消化酵素、代謝酵素の3種類が挙げられます。

食物酵素は、野菜などに含まれるもので、消化酵素のの働きを助けます。

消化酵素は消化器官内で炭水化物、たんぱく質、脂肪をそれぞれ分解する酵素です。

代謝酵素は、運動や呼吸、脳の活動、免疫、新陳代謝などあらゆる体内での活動に必要なものです。

麹

麹菌も酵母と同じく真菌(カビ)の仲間です。

麹はデンプンを分解して糖類にする能力が高い菌です。

お酒や醤油、味噌といった日本古来の醸造に使われています。

酵母と麹の違いは、麹はいかにもカビらしく増殖したときに糸状になります。酵母は糸状にはなりません。

麹も消化機能の補助を行い、乳酸菌などの有用菌(善玉菌)を増やすことができます。

生酵母・生酵素・生麹の効果は?

酵母、酵素、麹は、それぞれ体にとって必要なものであることはお解りいただけたと思います。

酵母や麹を経口摂取することで、胃や腸などの消化器官内で活動する善玉菌を増やし、消化吸収を楽にすることができます。

酵素についても経口摂取することで、栄養素の分解を助けます。

つまり、酵母、酵素、麹を飲むことで、消化吸収を良くし胃腸の調子を整えることが可能なのです。

でも、消化吸収意外には効果がないのでしょうか?

確かに、酵素をとっても、そのまま体内に取り込まれることはなく、アミノ酸に分解されますので、代謝酵素としてそのまま活躍するわけではありません。

それでも、分解された酵素が体内に入ると、代謝酵素として再合成されるときの材料になりますので、運動能力を高めたり、脳の活動を改善したり、免疫力を上げたり、新陳代謝を良くするといった効果もある程度は期待できるのです。

生酵母・生酵素・生麹のとれるサプリMetaBio(ロッソ メタバイオ)とは

このような効果の期待できるサプリとして、今一番評判の高い商品をご紹介します。

この分野のフロンティア企業であるロッソが開発した、MetaBio(メタバイオ)です。

このようなサプリでは生きたままの酵母や麹をサプリとして飲みやすい形にするのは難しいのですが、このロッソMetaBio(メタバイオ)では、活性の高い酵母や麹をパックしてあります。

実際に飲んだ人の口コミから、

胃もたれや体調が改善された
軟便だったのが普通になった

など、体調の改善を実感されている人が多いことが判ります。

毎日続けるものとしてオススメできるものだと思います。

メタバイオ【天然生酵母・生酵素・生麹サプリ】ロッソを楽天で見る!

コメント