モスライスバーガーのとりの照り焼きの感想や評判は?

人気のバーガーチェーン店である、モスバーガー。

モスバーガーの看板メニューであるモスライスバーガーに新商品が誕生します!

モスライスバーガーのとりの照り焼き

「2015年ミラノ国際博覧会」(ミラノ万博)で、限定販売され、日本での販売要望が寄せられたモスライスバーガー「とりの照り焼き」を日本向けにアレンジして期間限定(2月9日~3月下旬)で販売されます!

そのモスライスバーガー「とりの照り焼き」について、感想や評判を調べていきたいと思います。

モスライスバーガー「とりの照り焼き」商品詳細、カロリーは?

モスライスバーガーというのは、パンの代わりにご飯を醤油で塗って焼き上げたライスプレートでおばんざいを挟んだ、和風のハンバーガーみたいなものです。

モスライスバーガー「とりの照り焼き」は、とりの照り焼きの上に、オニオンスライス、グリーンリーフをのせ、その上からモスオリジナルのマヨネーズをのせてライスプレートで挟んだメニューです!

甘辛くジューシーな味わいのとりの照り焼きに色鮮やかで柔らかく、さっぱりしたグリーンリーフをのせることで、とりの照り焼きが引き立ちます。

価格は、税込400円。カロリーは、公式にはまだ発表されていませんが、テリヤキチキンバーガーが333kcalなので、そのくらいではないかと思います。

モスライスバーガー「とりの照り焼き」の感想、評価は?

日本ではまだ発売されていないので、感想や評価はあまり見つかりませんでした。

しかし、お米を使ったバーガーというのがやはり珍しく、和風っぽいと人気だったそうです。

甘じょっぱいとりの照り焼き、醤油を塗って焼きおにぎり風にしたライスプレートの匂いが鼻をくすぐりそうです。

最近では、海外で日本食が流行っているので、もってこいの商品だったかもしれませんね。

まあ、鳥の照り焼きとごはんの組み合わせがまずいはずはないでしょう。

モスバーガーのモスライスバーガーは、若い世代の方だけではなく、年配の方にも人気の商品になっています。

私の祖母もよくモスライスバーガーを食べていていつも絶賛です。

どの世代にも受けるモスライスバーガーの新商品ということで期待ができそうですね。早く食べてみたいです。

またミラノでは、モスライスバーガー「焼肉」、モスライスバーガー「海鮮かきあげ」も販売されていました。

そこで販売されていたモスバーガー「焼肉」が定番ライスバーガーとして復活します。

お客様相談室への要望で復活してほしい商品の1位となり、またミラノで好評だったため、定番商品化となりました。

ということで、今回はモスバーガーのモスライスバーガー「とりの照り焼き」について調べてみました。

コメント