リッツとオレオがもう食べられない!?販売中止後は入手困難?

あのリッツとオレオがもう食べられなくなる!?
衝撃的なニュースが飛び込んできました。

2016年2月12日に山崎製パンは、9月1日より子会社の「ヤマザキナビスコ」の社名を「ヤマザキビスケット」に改め、人気の定番商品でもある「オレオ」「リッツ」「プレミアム」「チップスアホイ」の4製品の製造を中止することを発表しました。

リッツとオレオはなんで食べられなくなる?

ナビスコブランドのライセンス契約が8月31日で終了することが製造中止の理由のようです。

ですが「チップスター」など自社製品の製造は継続されます。

今後「オレオ」「リッツ」「プレミアム」の国内販売は、モンデリーズ・ジャパンが引き継ぐことになるようです。

モンデリーズ・ジャパンとは、「クロレッツ」「リカルデント」などガム、キャンディーの製造販売を行っている会社です。

リッツとオレオの製造中止後はいったいどうなる?

8月31日の契約終了後は、「オレオ」「リッツ」などの製造を終了し、在庫の販売が終わると、「ヤマザキナビスコ」からの販売は終了となります。

9月以降は、ヤマザキビスケットとして「チップスター」「エアリアル」「スリムサンド」などの自社製品と、新製品を発売して新たに事業を展開していくことになるようです。

2017年12月以降は、「オレオ」など4ブランドの類似製品の製造販売制限が解除されるので、「ヤマザキビスケット」となった後は、類似製品の新商品を開発し、競合していくことになると予想されます。

ヤマザキとしては、これらの人気商品を失うことになりますが、自社商品を海外に自由に展開できるメリットもでてきます。

9月以降在庫の販売が終わると共に、モンデリーズから販売されることになるようですが、販売の移行がスムーズに行われなければ、少しの間「オレオ」などの製品が食べられなくなるかもしれません。

あと、モンデリーズからどのようにして販売されていくかも分からないので、販売量が少ないようであれば、小さな店舗などでは在庫切れとなることもありそうです。

長年続いたCMはどうなるの?

少し話題はそれますが、販売される会社が変わると、今まで放送されてきた「ヤマザキナビスコ」としての「オレオ」や「リッツ」のCMが見られなくなることも予想されます。

そうなると、モンデリーズにCMも引き継がれるのか気がかりです。

もう、”ナビィ~スコ”っていうCMも見れなくなってしまうんでしょうか。

吉本実憂さんの「エアリアル」のCMとか、
https://youtu.be/OvfA–fWRB0

沢口靖子さんの長年やってきたリッツのCMも!
https://youtu.be/FPxSnb8Us68

「オレオ」「リッツ」といえば、多くの方に支持されている商品なので、9月以降の製造、販売は追いついていくのか、長く慣れ親しんできている方にとっては、情報がほしいところではないでしょうか。

いずれにしても、「ヤマザキナビスコ」の「オレオ」や「リッツ」などの商品は9月以降製造されないので、今のうちに現在の姿を楽しんでおくのもいいかもしれませんね。

ああこれもか、ってほど意外にいろいろありますよね。今のうちに買っておきましょう。

ということで、とっても心配な「オレオ」や「リッツ」などの製造中止のニュースでした。

また、これからの情報について判りましたら更新していきます。

【更新】
9月からも販売継続だそうです!
「オレオ」は、中国の北京、「リッツ」はインドネシア、「プレミアム」はイタリアで製造して日本に輸入するそうです。

が、しかし!

味が変わるそうです。

日本市場のために開発したそうですが、ほんとうに美味しくなるのでしょうか????

今の味が好き!っていうひとは、やっぱり今のうちに買っておいたほうが良さそうです。

コメント